毎日出てても便秘?カンタン便秘CHECK!

本気で便秘解消したい人のサプリ&お茶ガイド

便秘解消するための情報どっさり!お通じすっきりライフを実現しよう♪" />

便秘薬の効果と副作用

このページでは、便秘薬が効かない方に向けて、薬の種類や効果、副作用についての情報を掲載しています。

便秘薬がだんだん効かなくなってくるのはなぜ?

お腹が張ってくると、ついつい頼りたくなる便秘薬。長期的に使用していると、効果があらわれなくなってくることがあります。

大腸を強制的に動かすことで、排便を促すのが便秘薬の効果です。使い続けていると、腸もその刺激に慣れてしまい、服用する量を増やさないと排便できなくなるおそれや、最悪の場合自力で排便することができなくなってしまう可能性があります。

便秘の根本的な原因を解決することにはならないので、使いすぎには要注意です。

便秘薬の種類と効果

ひとくくりに便秘薬と呼ばれますが、種類によって、腸への働きや効果が変わってきます。便秘薬は、大きく「機械的下剤」と「刺激性下剤」に分けられます。それぞれの特徴や、効果について説明していきます。

機械的下剤

便の水分を多くすることによって、排便を促す薬の事。さらに以下のように細かく分類されます。

膨張性下剤

水分と同時に服用することで、膨張するタイプの薬です。便の水分を増やし、大腸を刺激してくれます。

湿潤性下剤

界面活性化作用によって、便の表面張力を下げる薬です。便が水分を含みやすく、柔らかくする効果があります。単体で使っても効果は弱いので、他の薬と併用されることが多いです。

塩類下剤

高浸透圧のマグネシウム系物質を、腸内に入れることで水分を増やし、便を滑りやすくすると同時に柔らかくしてくれます。

坐剤

一般的に座薬と呼ばれるものです。内服薬と違って直接腸に作用するので、即効性があります。

刺激性下剤

腸に刺激を与えることで蠕動(ぜんどう)運動を引き起こし、排便を促進する薬のことです。

アントラキノン系

強力な効果を持つ「アントラキノン」という成分を含んだ薬です。長い間服用していると、腸の働きを鈍化させ、便秘を慢性化させてしまう可能性があります。

ジフェニルメタン系

アントラキノン系よりも腸への負担が少ない薬です。その分、効き目も弱くなっています。

知っておきたい便秘薬の副作用

さまざまなメーカーから販売され、広く普及している便秘薬ですが、副作用があることはあまり知られていません。

どんな療法であっても、最終的な目的は「排便を促す」ことです。便秘薬は腸を刺激する薬なので、それに伴って腹痛や下痢、吐き気や食欲不振などを引き起こす可能性があります。さらに、腸内の水分を増加させるタイプのものは、腸閉塞や虚血性大腸炎の恐れもあります。

ほかにも、腎臓が弱い人がマグネシウム系の便秘薬を使用すれば、高マグネシウム血症を引き起こす危険性があったりと、使用にはある程度のリスクが伴うということがわかりますね。

便秘薬が効かない、頼りたくない時は…

長期の使用によって便秘薬が効かなくなった方や、副作用が怖くて使えない方には、サプリメントの使用がオススメ。

むりやり腸を刺激する便秘薬とは違い、お腹に優しい成分を配合しているものが多くあります。その場しのぎではなく、便秘の根本的な原因にアプローチしてくれるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

便秘解消サプリ&お茶総合ランキング

1位 はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴ 通常購入 3,680円
定期購入 2,944円 (1か月)
※定期購入初回は1,840円!

  150g(約1か月分)

詳細はこちら

2位 ラクトフェリン

通常購入 6,150円
定期購入 5,540円
90粒 (約3か月分)

詳細はこちら

3位 ウィズオプレ

通常購入 6,000円
定期購入 4,379円
30本 (約1か月分)

詳細はこちら

サプリ部門BEST3

サプリ部門BEST3

 
本気で便秘解消したい人のサプリ&お茶ガイド